FC2ブログ
岡 智(おかさとし)ミュージカルの軌跡・歌と芝居の遊歩道

20年ぶりの邂逅!
2013-12-15 Sun 17:37
振付家・ダンサー・役者として活躍する北尾 亘くんで~す。

北尾亘くん

ななな、ナントナント、20年ぶりの再会を果たすことが出来ました~。

1992年の春から1993年の秋まで帝国劇場で上演され続けた超大作ミュージカル『ミス・サイゴン』で北尾 亘くんはキムとクリスの子ども、タムを演じていたのです。偉大だ!

『ミス・サイゴン』開幕当初はたったの3歳。
そんなタムがこんなにも立派に大成長した姿に、ただただ感無量でした。

img075.jpg

うわぁ~、可愛い! 可愛すぎ!!

今は亡き本田美奈子ちゃんが「お前のためなら 命をあげるよ」と歌っていた光景を昨日のように思い出します。(T_T)

さて当時の僕はというと…

img074.jpg

えッ、誰これ??? ドヒャドヒャ~!!

「もはや影もなき、オ~カ!」とカルロッタに歌ってしまわれそうな変貌ぶり…。

いやいや、苦節20年ですから。許してチョンマゲ~。(元禄時代のギャグ!?)

この日は恵比寿・エコー劇場で新進演劇人育成公演〈演出家部門〉として上演された『猿後家』を観劇して感激。(こればっか…) (^^ゞ

なんと亘くんは気鋭の演出家として構成・演出・振付を一手に担っていたのです!

もうドヒャドヒャ~!! を通り越してショエエエ~ッ!!! と絶叫するのみ。

しかも役者として出演。
植木屋をコミカルに演じ、素晴らしいダンスを披露してくれました。

終演後に「26歳になりました」と言って満面の笑みを浮かべながら近寄ってきてくれた姿に涙がこぼれそうになりました。

あと12日で51歳になる私…。

ついにショエエエ~ッ!!! も通り越してウギャギャギャ~ッ!!!! と悶絶しそうになりますが、頑張ります。闘います。精進してまいります。

別れ際に一言お願いしました。

「踊れないけど、歌と芝居で頑張るから、何かあったら使ってね…」 大真面目です!!!




スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| 岡 智 の おかちぃ!? ブログ | NEXT